MENU
エンタメ

ジャニーズCM継続と打ち切りでひどい企業それぞれどこ?もう買わないと不買運動はじまる?

ジャニーズCM継続と打ち切りでひどい企業それぞれどこ?もう買わないと不買運動はじまる?

9月7日にジャニーズ事務所が会見を開いてから一週間が経ちました。

この一週間の間に、ジャニーズ事務所の所属タレントが起用されていたCMの打ち切りが相次いでいます。

CMに出演中のタレントが不祥事を起こすと、出演しているCMの契約が打ち切られるのはよくご存じだと思います。

今回は、ジャニーズ事務所の不祥事でその所属タレントは直接的に何かしたわけではないのですが、やはりCMの契約が打ち切られています。

しかし、中にはジャニーズ事務所のタレントのCMの起用を継続するのを表明した企業も現れていました。

相次ぐCMの打ち切りに「ジャニーズの推しがかわいそう」「もう買わない」などの声があがり不買運動の動きもでてきているようです。

そこで、ジャニーズCM継続表明をしその後打ち切りをした「ひどい」といわれている企業はそれぞれどこか。

もう買わないといったような不買運動が始まっているのかを調べていきたいと思います。

 

ジャニーズCM継続と打ち切りでひどいといわれている企業は?

ジャニーズCM継続と打ち切りでひどい企業それぞれどこ?もう買わないと不買運動はじまる?

今も、ジャニーズのタレントの出演しているテレビCMを見ない日はないですよね。

見ない日はなかった…、とこれが過去形になる日がやってくるのかもしれないです。

9月7日のジャニーズ事務所の会見が終わった数時間後に、東京海上日動火災保険が相葉雅紀さん出演のCMの契約を更新をしないと発表したところからこの流れが始まっていきました。

その中で、ジャニーズのタレントのCM起用も今後も継続していくと表明してくれた企業があったことでジャニーズファンも少し安心したのではないでしょうか。

しかし、継続すると表明した後でやはり打ち切ることになったという企業があったのです。

 

CM継続を表明後に打ち切りをした企業

花王

花王は、9月11日には起用に変更はないと発表しました。

しかし翌日の9月12日に、ジャニーズ事務所所属タレントの起用はしないと方針を変え打ち切りを決定しました。

公式ホームページで「現在展開しているジャニーズ事務所所属タレントを起用した広告・販促物等の展開は、可及的速やかに中止いたします」と発表しました。

話題になっていたこのCMが打ち切りになってがっかりしたファンはたくさんいたのではないでしょうか。

 

モスフードサービス

モスフードサービスは、9月10に時点ではジャニーズタレントの起用の継続を発表。

9月13日に一転、ジャニーズ事務所の所属タレントを起用したテレビCMなどの契約を今後継続しないと発表しました。

ジャニーズCM継続から打ち切りに転じた企業どこ?ひどいもう買わない 不買運動始まる?

「明確な被害者救済と再発防止の取り組みが認められない以上、同事務所との契約を継続しない」とコメントしています。

そのあとの対応が良くなかったので問題になりましたね。

そのあと、モスフードサービスより謝罪文が出されCM打ち切り問題で非常に悪い流れを作ってしまいました。

 

アルビオン

アルビオンは、継続か打ち切りになるか注目されていました。

なぜ注目されていたのか?

それは、ジャニーズタレントのCM契約についてアルビオンの社長である小林氏が何度かエックスに投稿したからでしょう。

継続から打ち切りになってしまうまでにどんな動きをしていたのか見てみましょう。

  1. アルビオンの小林社長には、ファンからSnow Manの渡辺翔太さんの起用を継続してほしいとのリプライが届いた。
  2. 小林社長は9月9日、snowmanの渡辺さんに「本当に感謝してます」として、「これからもよろしくお願いします!」と継続の意思を示した。
  3. ファンからは「なんという素晴らしい会社なの」などの感謝の声が次々寄せられた。
  4. 小林社長は、ファンのリプライにお礼を返し「渡辺翔太さんのお陰でアルビオンを皆様に知っていただき嬉しい」「継続予定です!」と明言した。
  5.  11日になって、暫くの間ポストはお休みさせていただくことにしますとエックスに投稿した。
  6.  13日には、小林社長のエックスの更新はされていなかった。

 から一転

15日アルビオンが文書で、ジャニーズ事務所所属タレントの広告について「十分な改善が認められるまで、新たな契約や起用は見送っております」と発表した。

こうして親会社であるコーセーとともにジャニーズのタレントのCM起用は見送ることになりました。

コーセーの公式ホームページには、ジャニーズ事務所に対する当社の対応についてとして

今後ジャニーズ事務所がどうすべきかを具体的に示し、それをスポンサーとして伝えていくと発表しています。

 

テンプスタッフ

Hey! Say! JUMP中島裕翔さんを起用している人材派遣業のパーソルテンプスタッフは、9月11日ジャニーズ事務所タレントのCM放映や起用を継続することを明らかにしました。

しかし9月15日に現在放送中のCMを9月末をもって見送るという発表しました。

今後、ジャニーズ事務所の取り組みが適切と判断できるまで、同所所属のタレントを起用した現在放送中のCMについては9月末をもって見送りとし、被害者救済や再発防止策の実行状況を確認のうえ、契約の更新可否を判断いたします。

ジャニーズ事務所所属タレントのCM起用の状況は、刻々と変化しています。

 

9月15日現在・ジャニーズタレントのCM起用を継続すると表明している企業

不二家

9月11日「不二家」は、ジャニーズ事務所のタレントを起用することについて「現段階では変更の予定はございません」とし、起用を継続する方針を明らかにしました。

「契約期間中」であることが理由だとのこと。

「今後については、事務所の動向を注視し、しかるべき対応を検討する」としています。

9月13日、不二家はジャニーズ事務所所属タレント「Snow Man」を起用したキャンペーンを中止すると発表しました。

あくまでもキャンペーンの中止だけで、CMの起用は継続しているのです。

9月14日の時点で、継続を表明しています。

 

健栄製薬

健栄製薬は「King&Prince」の永瀬廉さんをCMキャラクターに起用しています。

9月11日、「所属タレントにも被害者の方がいる可能性もあると考えると、現時点で契約をすぐに解除することは考えていない」と、今後も契約を継続する方針を表明しました。

はじめからCM起用を検討中として何も表明していない企業はまだあります。

あえてジャニーズ事務所所属タレントをCMに起用しますと表明してから、現在もそれを継続している企業は今では2社になっています。

 

もう買わないと不買運動が始まっている?

ジャニーズCM継続と打ち切りでひどい企業それぞれどこ?もう買わないと不買運動はじまる?

不買運動には、二つの側面があります。

今問題になっているのは、ジャニーズタレントのCM起用が継続か打ち切りかなんです。

  • ジャニーズ事務所所属タレントをCMの起用を継続している→だから買わない
  • ジャニーズ事務所所属タレントをCMに起用するのを打ち切った→だから買わない

この二つの面から、みていきましょう。

 

ジャニーズのタレントをCMの起用を継続しているから買わない

ジャニー喜多川氏の性加害問題で、ジャニーズタレントをCMに起用している商品を買いたくなくなったという人たちの意見はどんなものなのでしょうか。

ジャニーズのタレントのCMを継続しますという会社の商品を買いたくない方も一定数いるようです。

 

ジャニーズのタレントをCMの起用を打ち切ったから買わない

逆に、ジャニーズの推しのタレントのCMの起用を打ち切ったから買わないという人たちの意見を見ていきましょう。

ジャニーズのタレントのCMの起用を打ち切った会社の商品を買わないという人のが多い印象です。

一度ジャニーズのタレントのCMを継続しますと表明してしまっていると、打ち切りに転じたときに「ひどい!」や「もう買いたくない」などとかなり印象が悪くなっているようです。

ジャニーズのファンが不買運動を起こし何かをするということではなく、これからは企業を意識して商品を選ぶことをし始めるのではないでしょうか。

 

まとめ

ジャニーズCM継続と打ち切りでひどい企業それぞれどこ?もう買わないと不買運動はじまる?

9月7日のジャニーズ事務所の会見の終了直後から、ジャニーズ事務所所属タレントのCM継続か打ち切りかで企業が動きました。

今も企業の判断が変更になるなど、現在進行形です。

これは、ジャニー喜多川氏の性加害という人権侵害によるスポンサー離れなんです。

今までジャニーズのタレントの皆さんの存在が世の中の人々に勇気や希望をあたえてくれていたのに、ジャニーズ事務所の社長がほんとうに何をしてくれたんだ!と言いたくなるようなことなのです。

ジャニー喜多川氏が重大な人権侵害をしてしまったため、救いようのない事態が起きています。

タレントは悪くないけれども、企業はこの事態を受けジャニーズのタレントのCMへの起用をしないという判断をせざるを得なくなったからです。

今回ジャニーズのタレントのCMを継続するか打ち切りにするかの判断、そして世の中にどう発表するかで企業の評価が分かれたのではないでしょうか。

CM継続中の企業の商品を買いたくない人、CMを打ち切った企業の商品を買いたくない人。

それぞれの考え方があるようです。

推しがCMに出ているから商品を買うジャニーズのファンもいれば、その商品を良いと思っているから買う一般人もいます。

現在、ジャニーズのファンが大きなムーブメントを起こし不買運動を行っているわけではなさそうです。

まだジャニーズ事務所所属タレントのCMの起用をしている企業はありますので、注視していきたいところです。

以上、ジャニーズCM継続と打ち切りでひどい企業それぞれどこ?もう買わないと不買運動はじまる?をお届けしました。